Raspberry Pi 3 Model B+ で Monacoin ウォレット専用機を作ってみた の修正

元記事はこちら
https://www.sgv417.jp/~makopi/blog/archives/2290
GitHub 上でリリースされている tar.gz 済みの物ではなく、デフォルトブランチの最新コードでビルドしたものでも問題なく取引できたので、今後はそちらのコードを使おうというもの。
ついでにそのほうがアップデートも楽だしね・w・

■成果物
元記事の末尾にあるスクリプトに反映済み。
07-Monacoin.sh

■今回のコード

#!/bin/sh


## Build and Install Monacoin from GitHub.
# Create workdir.
cd /usr/local/src/
mkdir -p github
chown admin. ./github/

# Create GitHub timestamp synchronize script.
if [ -e /usr/local/src/github/git-timestamp.sh ];
  then
    :
  else
    cat <<EOF > /usr/local/src/github/git-timestamp.sh
#!/bin/sh

for FILE in \`git ls-files\`; do
  TIME=\`git log --pretty=format:%ci -n1 \$FILE\`
  echo \$TIME'\t'\$FILE
  STAMP=\`date -d "\$TIME" +"%y%m%d%H%M.%S"\`
  touch -t \$STAMP \$FILE
done
EOF
    chmod +x /usr/local/src/github/git-timestamp.sh
fi

# Build and Install Monacoin.
rm -rf /usr/local/src/github/monacoin/
su - admin -c "cd /usr/local/src/github/ ; git clone https://github.com/monacoinproject/monacoin.git"
su - admin -c "cd /usr/local/src/github/monacoin/ ; /usr/local/src/github/git-timestamp.sh"
su - admin -c "cd /usr/local/src/github/monacoin/ ; ./autogen.sh"
su - admin -c "cd /usr/local/src/github/monacoin/ ; ./configure --with-gui=qt4 --with-libs=no --disable-bench --prefix=/usr/local"
su - admin -c "cd /usr/local/src/github/monacoin/ ; make -j1"
cd /usr/local/src/github/monacoin/
make install
strip /usr/local/bin/monacoin*

単に GitHub からクローンしてビルドするだけというもの。
ただ、それだけじゃ面白くないので、各ファイルのタイムスタンプをコミットされた日次に合わせるスクリプトも内蔵。
それが次のスクリプト

■Git で取得したファイルのタイムスタンプをコミットされた日次に合わせるスクリプト

#!/bin/sh

for FILE in `git ls-files`; do
  TIME=`git log --pretty=format:%ci -n1 $FILE`
  echo $TIME'\t'$FILE
  STAMP=`date -d "$TIME" +"%y%m%d%H%M.%S"`
  touch -t $STAMP $FILE
done

最初に出したスクリプト内で書き出されるようになってる。
実装方法としては酷いけど、大量生産するものじゃないからこの書き方でもいいかなと割り切ってます()

カテゴリー: めも パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です